[ 登録日(2004/07)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(さまざまな音楽) | 地域(どこか) | 登録日(2004/07) ]
旅と音楽、旅と音のトップ

「古関裕而作品集」を聞く

カテゴリ: さまざまな音楽を聴く 地域: どこか
(登録日: 2004/07/03 更新日: 2021/10/04)

「栄冠は君に輝く」〜古関裕而作品集/藍川由美


『「栄冠は君に輝く」〜古関裕而作品集/藍川由美』
歌:藍川由美、演奏:マイスターブラス・カルテット、他
(2004、ZAPPEL MUSIC)
収録曲:1.垣の壊れ、2.旅役者、3.山桜、4.木賊刈り、5.紺碧の空〜早稲田大学応援歌、6.海を呼ぶ、7.大阪タイガースの歌[初稿]、8.大阪タイガースの歌[ピアノ伴奏版]、9.巨人軍の歌〜初代、10.阪神タイガースの歌〜六甲颪、11.決戦の大空へ、12.我ぞ覇者〜慶應義塾大学応援歌、13.栄冠は君に輝く〜全国高等学校野球選手権大会歌、14.長崎の鐘、15.新しき朝の、16.イヨマンテの夜、17.みどりの馬車〜NHKラジオ歌謡、18.高原列車は行く、19.登山電車で〜NHKラジオ歌謡、20.巨人軍の歌〜三代「闘魂込めて」
 

雑記帳


このアルバムは面白かった! 歌謡曲や日本の歌がウィーンで外国人の演奏者により伴奏されるという状況が、民族音楽としての古関裕而の音楽を改めて認識させてくれる契機となります。この感覚も不思議なものです。かつて体験したことがありません。歌謡曲が日本という土地と膠着的であったこれまでの時代と一線を画すものであるというのは決して大げさな表現でもありません。また、オリジナルの曲を歌った歌手たち(藤山一郎、伊藤久男、岡本敦郎、…)の歴史的・同時代的な膠着性から離れ、藍川由美という歌手によって音楽そのもの、音楽作品としてのより普遍的な価値が引き出されてきました。21世紀に入り、私たちの日本の音楽の価値が問い直される、新しい時代に入ったという認識を新たにさせてくれるアルバムです。とりわけ「古関裕而」という作曲家の存在が問い直された刺激的なアルバムです。

古関裕而は、戦時歌謡からスポーツ番組のテーマ曲まで非常に幅広いレパートリーによっても知られています。このアルバムによって、古関裕而のさらに奥深い世界に触れました。一つは歌曲の作品。『垣の壊れ』『旅役者』『山桜』『木賊刈り』『海を呼ぶ』が歌曲。この作曲家が本来目指そうとした方向であることを窺わせるものです。どれも初めて聞く曲ばかり。非常に興味深い。また優れています。歴史に沈められた不遇の曲と言い換えた方がよいかもしれません。

阪神タイガースと言えば『六甲颪』が有名です。この曲までが古関裕而の作曲とはつゆ知らず。『紺碧の空』まで古関裕而作曲とは? 恐れ入りました。夏の甲子園と言えば『栄冠は君に輝く』。ついでに挙げると、東京オリンピックの入場行進に使われた『オリンピック・マーチ』、またNHKのスポーツ番組のテーマ曲が古関裕而作曲であることは知っていました。『紺碧の空』『六甲颪』は、誰が作曲したかを知らなくても、誰もが知っている匿名性の高い有名曲です。面白いのは、阪神タイガース(旧大阪タイガ−ス)に対する巨人軍、早稲田大学に対する慶應義塾大学の応援歌まで同じ作曲家が作曲しているという事実。スポーツ音楽の王様、と言っても過言ではありません。

軽快で爽やかなスポーツ音楽は、その目的が転じると戦意高揚につながる。この裏表の際どさもまた古関裕而の特性です。両者の音楽にどのような差があるのかと言えば、ありません。このアルバムに収録はされていませんが、戦時中に大ヒットした『露営の歌』(1937)、『暁に祈る』(1940)、『若鷲の歌』(1943)もまたまぎれもなく同じ作曲家の曲。藍川由美は、これらを先入観にとらわれることなく民族音楽として聞き直してみることを聴衆に問い直しています。『若鷲の歌』は、映画『決戦の大空へ』の主題歌でしたが、そのタイトル歌が『決戦の大空へ』。この軽快な曲は全くヒットなどしなかった。そして悲壮感溢れる『若鷲の歌』が大ヒットした。藍川由美は著書『これでいいのか日本の歌』で、古関が民衆の心を表現したことを強調しています。『若鷲の歌』などは、いわゆる軍歌ではなく、戦時歌謡である。それは、大衆の心を表現したものである。それに比べると『決戦の大空へ』はあまり心に響きません。ただ音楽のみを聞けば、不思議なことに『六甲颪』や『我ぞ覇者』などと大差ありません。国から注文を受けた曲は、ほどほどにやり過ごす術を心得ていたものと思われます。

歌謡曲の作曲家で国民栄誉賞を受けたのは古賀政男、服部良一、吉田正の3人。古関裕而がここに上がってもおかしくはないのですが、そうならなかったのは戦時歌謡のあまりの多さの故でしょうか。また、歌曲の作曲家としては全く認知すらされず無視されてきました。実質の価値よりも学閥などの権威によって価値づけられてきた日本の芸術の価値づけが問い直されています。その点では、独学で音楽を学んだ武満徹の音楽も同様の境遇に置かれていた時期がありました。温故知新。21世紀の新しい時代へ向けて、新しい価値の創造、本物の価値の評価について、一石を投じてくれたこのアルバムに感謝します。
 

曲のア・ラ・カルト


『長崎の鐘』
このバージョンは大変に珍しい。通常は3番までの歌詞しかありませんが、このバージョンは歌詞が4番まであります。最初、「あれっ!」と思いました。初めて聞きました。オリジナルの楽譜、作曲者本来の作品にこだわる藍川由美の面目躍如です。

『新しき朝の』
永井隆のこの歌詞は何度も聞いたことがあります。が、この古関裕而の曲は初めてです。通常、『長崎の鐘』に『新しき朝の』が続くのは藤山一郎作曲です。藤山一郎の歌で聞き慣れた『新しき朝の』とは違うのでした。

『イヨマンテの夜』
これもお馴染みの曲ですが、ウィーンで録音されたものであることを思うほどに特別な意味が派生してきます。民族音楽…。それもアイヌの音楽に近いと思われる調べ。曲の終わり近く、1音外れたような音が響きますが、もしかすると誤譜なのでしょうか。事実関係がわかりませんが、ちょっと意外な音が一つだけ響きます。
 
[ 登録日(2004/07)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(さまざまな音楽) | 地域(どこか) | 登録日(2004/07) ]
[ ホーム| ]
前川道博ホームへジャンプ