[ カテゴリ(東京まちあるき2013)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(東京まちあるき2013) | 地域(東京都) | 記録日(2013/12) | 登録日(2015/02) ]
ミッチーのほぼ日記

[13/12/14]徳川家康公銅像

カテゴリ: 東京まちあるき2013 地域: 東京都
(登録日: 2015/02/08 更新日: 2020/06/13)


→画像表示 [ Lサイズ ] [ オリジナル ]
記録日: 2013/12/14 東京都

江戸東京博物館の横の歩道沿いの緑地に唐突に徳川家康公銅像が建っています。銅像の碑文を見ると、江戸の都市計画の功労者でもある徳川家康の業績を顕彰して建てたとのこと。

確かにここが幕府の御米蔵の場所に当たり、今、その跡地に江戸東京博物館が建っていることを考えれば、まさに江戸東京の都市づくりの中でもそのメモリアル名場所であることが了解されてきます。
 

説明板クリップ


徳川家康公銅像建立由来

 鷹狩の勇姿で江戸城を望んでいる徳川家康公が始めて、草深い江戸の地に天正十八年(1590年)に、豊臣秀吉の命により国替えとなった。
 そして、関ヶ原の戦い後慶長八年(1603年)征夷大将軍となり江戸に幕府を開き天下普請を大名に命じ、本格的な都市づくりの大事業を行い、政治の中心地として明治に至るまでの永き亘って現在の東京の基礎となったことは周知の事実である。
 社団法人 江戸消防記念会では、このような、江戸開府の大事業を成し遂げた徳川家康公の偉業を称え、顕彰すべく銅像建立の計画を練っていたところ、平成五年三月、江戸東京博物館が両国の地に落成の運びとなるや、徳川家康公銅像建立気運が一気に盛り上がり記念会創立以来の名誉ある事業であることから、これを積極的に推進し、東京都をはじめ関係諸機関に格別のご協力をいただきまして、江戸消防記念会が主体となって平成六年四月銅像を建立、東京都に寄贈したものである。
 

メディアクリップ

(18件)
01 [13/12/14]徳川家康公銅像 02 [13/12/14]徳川家康公銅像 03 [13/12/14]徳川家康公銅像 04 [13/12/14]徳川家康公銅像
05 [13/12/14]徳川家康公銅像 06 [13/12/14]徳川家康公銅像 07 [13/12/14]徳川家康公銅像 08 [13/12/14]徳川家康公銅像
09 [13/12/14]徳川家康公銅像 10 [13/12/14]徳川家康公銅像 11 [13/12/14]徳川家康公銅像 12 [13/12/14]徳川家康公銅像
13 [13/12/14]徳川家康公銅像 14 [13/12/14]徳川家康公銅像 15 [13/12/14]徳川家康公銅像 16 [13/12/14]徳川家康公銅像
17 [13/12/14]徳川家康公銅像 18 [13/12/14]徳川家康公銅像

[ カテゴリ(東京まちあるき2013)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(東京まちあるき2013) | 地域(東京都) | 記録日(2013/12) | 登録日(2015/02) ]
[ ホーム| ]
[ LinkData『ミッチーのほぼ日記』データ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]
前川道博ホームへジャンプ