[ カテゴリ(著作リスト)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(著作リスト) | 登録日(2014/08) ]
ミッチーのほぼ日記

『アジア映画小事典』(共著)

カテゴリ: 著作リスト
(登録日: 2014/08/28 更新日: 2020/06/13)


→画像表示 [ Lサイズ ] [ オリジナル ]


概要


『アジア映画小事典』
共著 前川道博
編著 佐藤忠男
1995年12月発行
三一書房刊 A5版

韓国映画史「韓国映画の新しい流れ」(pp.186-201)、映画作家論「ペ・チャンホ論」(pp.235-243)を分担執筆。
 

事後雑感


本書の企画は1993年頃ではなかったかと記憶しています。当時は東北芸術工科大学に在籍していました。デジタル系メディアを専門としており、折りしも社会全体がインターネットに急速にシフトし、それまで続けてきた映画研究に十分に時間が割けなくなるというジレンマの中、韓国で買い込んできた数十本の韓国映画を鑑賞し、映画史執筆に活かしました。映画を楽しむというよりは見ること自体が拷問に近いものでした。映画はやはり楽しく見たいものです。

出版された1995年12月は、シネマトグラフ=リュミエールが誕生してから映画100年という記念すべき節目に当たり、東北芸術工科大学の「山形Net-Expoプロジェクト」で「映画100年ホームページ(Centennial of Cinema)」を開設し、その中に本書のウェブ版『アジア映画小事典』を併設しました。このサイト公開は、本まるごと一冊のウェブパブリッシングという社会的実験と位置づけられます。原稿執筆ばかりでなく、その取り組み自体がメモリアルなものでした。
 
[ カテゴリ(著作リスト)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(著作リスト) | 登録日(2014/08) ]
[ ホーム| ]
[ LinkData『ミッチーのほぼ日記』データ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]
前川道博ホームへジャンプ