[ カテゴリ(コンサート)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(コンサート) | 地域(群馬県) | 記録日(2021/08) | 登録日(2021/10) ]
旅と音楽、旅と音のトップ

草津で武満徹を聴く2021/08/24

カテゴリ: コンサート 地域: 群馬県
(登録日: 2021/10/03 更新日: 2024/02/12)


→画像表示 [ Lサイズ ]
記録日: 2021/08/24 草津町

このコンサート


第41回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル
テーマ 「ベートーヴェンから現代へ」
武満 徹生誕90年/ポピュラー・ミュージック
8月24日(火) 16:00
会場:草津音楽の森国際コンサートホール

<プログラム>
武満 徹:遮られない休息T(1952),U(1959),V(1959)
武満 徹:ピアノ・ディスタンス(1961)
武満 徹:閉じた眼 -瀧口修造の追憶に-(1979)
武満 徹:子どものためのピアノ小品(1979/1980)
J.レノン&P.マッカートニー(武満 徹編曲):ゴールデン・スランバー(1992)
高橋アキ(ピアノ)

武満 徹:明日ハ晴レカナ、曇リカナ
武満 徹:めぐり逢い
武満 徹:MI・YO・TA
武満 徹:翼
武満 徹:死んだ男の残したものは(1965)
武満 徹:島へ
武満 徹:小さな空
村松稔之(カウンターテナー)/高田ひろ子(ピアノ)

中田 章(武満徹編曲):早春賦
ジョン・レノン&ポール ・マッカートニー(武満徹編曲):イエスタディ
鈴木大介(ギター)

渡辺香津美:玉子の時間
渡辺香津美(ギター)

武満徹:どですかでん〜映画『どですかでん』より
武満徹:三月のうた〜映画『最後の審判』より
武満徹:不良少年〜映画『不良少年』より
武満徹:青春群像〜『写楽』より
武満徹:日本の青春〜映画『日本の青春』より
武満徹:訓練と休息の音楽〜映画『ホゼー・トレス』より
鈴木大介(ギター)/渡辺香津美(ギター)
 

コンサート雑感


昨年2020年はコロナ禍のため、クラシック音楽のコンサートを聴く機会がほとんどなく今年2021に至りました。

2021年の夏、セイジ・オザワ松本フェスティバルは開催が計画されたものの中止。幸い草津だけは開催され、この日コンサートを聴きに行きました。武満徹プログラムです。

前半の前半は高橋アキさんによるピアノ曲の演奏。それぞれに地味ながらたいへんによい。

前半の後半はカウンターテナー村松稔之さんによる歌のプログラム。武満徹のお馴染みの歌ながらカウンターテナーによる歌唱が非常に新鮮でした。男声、女声というのは当たり前のことながら性的な差異があることを改めて認識しました。中性的な不思議さ。さらに淡々と聴ける不思議さ。村松稔之さんのCDを帰りがけに購入し、帰りの車中でその歌を再び堪能しました。これはいい!

後半はギターの2人の名手渡辺香津美さんと鈴木大介さんの競演(饗宴)。武満さんがギターを愛していたことは後世に残した曲からもわかります。滋味深く、心の琴線に触れる静謐な印象を残す好演でした。こちらも早速CDを購入して車中で堪能。その後も時々車で聴いています。

コロナ禍のため観客は少数でしたが、こういうコンサートが開かれることの幸せを実感しました。機会さえあれば武満さんのコンサートは聴きにいきたい。
 

メディアクリップ

(5件)
01 草津で武満徹を聴く2021/08/24 02 草津で武満徹を聴く2021/08/24 03 草津で武満徹を聴く2021/08/24 04 草津で武満徹を聴く2021/08/24
05 草津で武満徹を聴く2021/08/24

[ カテゴリ(コンサート)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(コンサート) | 地域(群馬県) | 記録日(2021/08) | 登録日(2021/10) ]
[ ホーム| ]
前川道博ホームへジャンプ